健康診断の手引

健康診断や人間ドックを受ける人の心がまえ

生活習慣病やメタボリックシンドロームの早期発見と予防に健康診断を利用しよう

がん、心筋梗塞、脳卒中などの生活習慣病(メタボリックシンドロームを含む)は、長い期間かかっておもてに出てきます。これらの病気にならないためには

一次予防として、生活習慣病やメタボリックシンドロームの原因となる生活習慣(ライフスタイル)を正しくすることが最も大切です。
それには、毎年、定期的に健康診断や人間ドックを受けて、自分の体の欠点を知り、それを是正するために、どのような生活習慣をすればよいかを知る必要があります。

二次予防として、同様に健診等を受け、治療が可能な段階でより早期に生活習慣病やメタボリックシンドロームを発見し、早く治療することが大切です。発見が遅れると治らないこともあります。
このように、健診には2つの目的があります。
さらに、

定期的に健康診断や人間ドックを受けると、自分の体の変化をみることができ、生活習慣の改善の効果も知ることができます。

健康診断や人間ドックの目的は…

①生活習慣病やメタボリックシンドロームの原因となる生活習慣の是正

②生活習慣病やメタボリックシンドロームの早期発見
  ↓
 早期治療
  ↓
 完治

このページのトップへ