健康診断の手引

検査の意味と検査値の読みかた、活用のしかた

身体の測定

腹囲略号:AC

何がわかるのか

お臍の高さでお腹の周囲径を腹囲といいます。
この腹囲の大きな肥満であるリンゴ型肥満の人は、腸などの臓器に脂肪が多く蓄積していることによることが分かっています。また、高血圧、動脈硬化、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病やメタボリックシンドロームの危険性が高く、その肥満が最も大きな原因となっています。

お尻などの皮下脂肪が多い肥満は、"洋なし型"肥満とよばれ、上述の病気になるリスクは高くありません。

正確には、CTなどで臍の高さの断面図の脂肪面積を測ることですが、男女ともに100㎝2以上の人が高いリスクを示します。これを腹囲でみると、男性で85㎝以上、女性で90㎝以上に相当します。

おおよその目安 ― 測定値の判定と対策

腹囲判定対策
男性85cm未満問題なし
女性90cm未満
男性85cm以上内臓脂肪症候群体重減少に努めましょう。
女性90cm以上

測定のときの注意

腹囲は、立位で軽い呼気時(軽く息を吐いた状態)にお臍の高さで、メジャーを用いて測定します。

脂肪蓄積が著しく、お臍が下方に垂れているときは、肋骨下縁と前腸骨棘の中間のところで測ります。

どうすればよいのか ― 日常生活上の注意

腹囲が基準より多いとき、前項の体重のところの”単純性肥満、とくにリンゴ型肥満の人はどうすればよいのか”と全く同じ日常生活上の注意を実行しましょう。

皮下脂肪は”定期預金”ともよばれ、運動や食事療法を行ってもそれほど早く減少しませんが、内臓脂肪は”普通預金”と同じで、運動や食事療法で早く減少します。

このページのトップへ