健康診断の手引

検査の意味と検査値の読みかた、活用のしかた

肝臓の検査

ビリルビン[血清]略号:BIL

何がわかるのか

ビリルビンは赤血球の中のヘムなどが分解してできた黄色の物質で、まず肝臓にとり込まれ、水に溶けやすい型となって、胆管から十二指腸に排泄されます。肝臓にとり込まれる前の非水溶性のビリルビンを間接型ビリルビン、肝臓で水に溶けやすい型となったものを直接ビリルビンとよび、両者を合わせて総ビリルビンとよんでいます。

血液中にビリルビンが増加すると皮膚が黄色になり、これを黄疸とよんでいます。

血液中に間接ビリルビンが増加するのは、

①生成の増加:溶血が著しい場合

②肝臓にとり込まれない場合:ジルベール病など

③肝臓で水に溶けやすい型にできない場合があります。

血液中に直接ビリルビンが増加するのは、

①肝障害:肝炎、肝硬変など

②胆汁うっ滞

③閉塞性黄疸:胆石などによる胆管の閉塞があります。

総ビリルビンは間接型、直接型の両者で増加します。

健診で総ビリルビンを測りますが、肝障害、胆道の閉塞の有無を中心とした検査指標となります。

総ビリルビンが高い場合、直接型か間接型かを調べると原因が分かりやすくなります。

おおよその目安 ― 検査値の判定と対策

標準値(mg/dL)判定対策
0.2~1.2
正常
(軽度上昇)
軽度ビリルビン血症肝機能、赤血球数等を調べ、異常がなければ経過をみます。
(中・高度上昇)中・高度ビリルビン血症肝臓や胆管の精密検査を行います。とくに10mg/dL以上では入院し、精査してください。

測定のときの注意

採血は、通常早朝空腹時に行います。

特殊な薬を飲んでいると高く出ることがあります。

間接ビリルビンの正常値は0.8mg/dL以下、直接ビリルビンの正常値は0.4mg/dL以下です。

どうすればよいのか

顔が黄色のとき、黄疸かどうかを決めるのに役立ちます。ビリルビンが高ければ黄疸です。

上昇が軽度で、肝機能などに異常がない場合は経過をみます。体質的なものもあります。

中〜高度の上昇では、必要により入院して詳しく調べてもらってください。

このページのトップへ