健康診断の手引

検査の意味と検査値の読みかた、活用のしかた

腎臓の検査

クレアチニン[血清]略号:Cr

何がわかるのか

クレアチニンは、筋肉内にあるクレアチンが代謝した最終産物です。毎日一定量が筋から血液、血液から腎臓を通って排泄されています。

腎臓からの排泄が悪くなると血液中にたまってきます。したがって、この値は腎臓の老廃物の濾過量(腎糸球体濾過量)を反映します。但し、濾過量が3分の2くらいに低下しないとクレアチニンは上昇しません。

腎機能がある程度悪い状態を示すと、通常、同時に尿素窒素も上昇します。

低い場合は、筋肉が少ないことを示します。

おおよその目安 ― 検査値の判定と対策

標準値(mg/dL)判定対策

男性:0.61~1.04
女性:0.47~0.79
正常
軽度上昇腎臓の病気(慢性腎炎、腎不全など)、高血圧、糖尿病性腎症、脱水、肝硬変の有無を詳しく調べます。
上昇
高度上昇腎不全で、血液透析を必要とする目安です。

測定のときの注意

尿素窒素と同様の対処が必要です。

筋肉量の少ない人や体を動かさない人では、正常範囲でも腎機能の低下がある場合もあります。

他の検査と総合して、原因、他の病気の有無を調べてもらい、検査をときどき行って経過をみてもらいましょう。また、値や他の所見にしたがった日常生活の指導を受けましょう。

このページのトップへ