健康診断の手引

検査の意味と検査値の読みかた、活用のしかた

膵臓の検査

アミラーゼ[血清][尿]略号:AM,Amyl

何がわかるのか

アミラーゼは、膵臓、唾液腺に多く含まれる消化酵素ですが、これらの臓器の破壊や炎症で血液中に多く出て、尿にも多く排泄されます。したがって、基本的には膵臓と唾液腺の病気で、血清や尿の中の値が高くなります。

その他、まれに卵巣の病気やがんでも高くなり、この場合も血清、尿の値の両方が高くなります。

腎臓や肝臓の病気があったり、大きな分子のアミラーゼ(マクロアミラーゼ症)が作られる人では、血清中の値が高くなりますが、尿の値は高くなりません。

特殊な方法(アイソザイム分析)でアミラーゼを膵型と唾液腺型に分けられます。どちらが高いかで、病気の臓器が特定できます。

おおよその目安 ― 検査値の判定と対策

標準値(U/L)判定対策

38~136
正常
上昇膵臓の病気(膵炎、膵がん)、腎障害、肝障害、マクロアミラーゼ症、唾液腺の病気を考えて、必要により詳しい検査をします。
高アミラーゼ血症
著しい
高アミラーゼ血症
症状があればただちに入院し、治療をします。

測定のときの注意

検査法や検査機関によって正常値が異なることが多い検査です。検査を受けた機関の正常値で判断してください。

通常、食事などの影響を受けませんが、病気の場合は食事で分泌が亢進し、高値を示すことがあります。

どうすればよいのか ― 日常生活上の注意

異常の場合、何回か検査して確かめ、またその他の膵臓の検査をし、本当に異常であれば、どこの病気か、膵臓や唾液腺の詳しい検査をしてもらってください。

膵炎では、アルコール類を中止し、大食を避け、とくに脂肪の摂取を少なくします。

その他、原因となる病気の十分な治療を受けてください。

このページのトップへ