健康診断の手引

検査の意味と検査値の読みかた、活用のしかた

貧血の検査

赤血球恒数

何がわかるのか

赤血球数、ヘモグロビン濃度およびヘマトクリット値から機械的に計算され、貧血の種類を決めるのに用います。

平均赤血球容積(MCV)とは、1個の赤血球の平均的な容積を示します。正常値は男性82.7〜101.6fL、女性79.0〜100.0fLです。貧血が小球性か、大球性かを決めるのに用い、小球性は鉄欠乏性貧血などを、大球性は悪性貧血などを示します。

平均赤血球ヘモグロビン量(MCH)は、1個の赤血球の中のヘモグロビン量を示します。正常値は男性28.0〜34.6pg、女性26.3〜34.3pgです。

平均赤血球ヘモグロビン濃度(MCHC)は、1個の赤血球の平均的なヘモグロビン濃度を示します。正常値は男性31.6〜36.6%、女性30.7〜36.6%です。30以下では低色素性貧血(鉄欠乏性貧血など)を示します。

対策

それぞれの貧血の原因を探るために精査を受け、その結果に基づいた治療を行います。

このページのトップへ