健康診断の手引

検査の意味と検査値の読みかた、活用のしかた

循環器の検査

心電図略号:ECG,EKG

何がわかるのか

心臓の筋肉が収縮したりするときに伝わる、ごくわずかな電気を体の表面から記録するものです。心臓が変化したり、脈が乱れたりすると、その変化が心電図に表され、それをみて病気の診断などを行うことができます。

心電図でわかることは:

①心筋の異常:心筋の虚血(狭心症や心筋梗塞)、心筋の病気(心筋症、心筋炎など)、心筋の肥大

②不整脈:電気の発生の異常や電気の伝わり方の異常
この2つが中心です。

心電図の基本的な型:心臓が1回打つと、図のような波形が心電図として表されます。

負荷心電図:安静時の心電図では虚血性の変化がみられず、心臓をもっと働かせることで心臓を養っている血管の血液が不足し、虚血性の変化が現れます。そのため、一定の運動をしてから心電図をとり、潜在的な異常を見つけ出す検査法です。

おおよその目安 ― 検査値の判定と対策

おもな心筋の異常

おもな不整脈(心拍や脈が規則正しくないもの)

どうすればよいのか ― 日常生活上の注意

心電図は、心臓の動きを知る1つの有効な方法ですが、全体の診断は血圧その他の検査データを総合して判断します。したがって、結果をおそれず、医師の正しい指導を受け、それをもとに現状を知り、日常生活に役立ててください。

所見欄に、意味不明で、恐い名前の結果が書いてありますが、通常はそんなに心配することはありません。正しい管理を受けることです。

このページのトップへ