健康診断の手引

検査の意味と検査値の読みかた、活用のしかた

循環器の検査

心臓のX線写真略号:心臓XP,H–XP

何がわかるのか

通常、胸部単純X線写真として、肺などと一緒に撮ります。

正面像が中心ですが、側面像も撮ることがあります。心臓の前後の変化や、心臓のうしろの肺の変化をみるためです。

X線写真に示される心臓の各部の位置は図のとおりです。これらの心陰影の形の変化や突出、さらに肺の状態をみて所見をとり、血圧、心電図、その他のデータを総合して判断するためのものです。

心臓の各部位の位置

おおよその目安 ― 検査値の判定と対策

どうすればよいのか ― 日常生活上の注意

心臓のX線検査は、心臓の各部の大きさや形の変化をみて、他の検査結果と総合して、病気の診断などに用います。

変化の意味を医師によく聞いて、自分の体の状態を把握しておきましょう。

このページのトップへ