健康診断の手引

検査の意味と検査値の読みかた、活用のしかた

循環器の検査

心臓の超音波(エコー)検査略号:心エコー,心echo

何がわかるのか

これは、痛みや苦痛を伴う検査ではありません。

心臓に異常、とくに形態的な異常やその疑いがある場合、その内容を詳しく調べるものです。
循環器の専門医が判定します。

種類には、断層エコー図、Mモードエコー図、カラードプラー法などがあり、目的に応じて使い分けます。

おおよその目安 ― 検査値の判定と対策

検査の主な対象は、

①心臓の肥大や拡大の有無。

②心臓の左部(左心房や左心室)の機能の推定。

③心臓のまわりに水が貯まっていないかどうか。

④心臓弁膜症の診断。

⑤先天性心疾患の診断などです。
検査所見の診断は専門家にしてもらい、その指示にしたがってください。

どうすればよいのか

循環器の専門家や医師が診断するための検査です。その診断にしたがった指導を受けましょう。

このページのトップへ