健康診断の手引

検査の意味と検査値の読みかた、活用のしかた

リウマチと骨粗鬆症の検査

リウマチ反応(RAテスト)[血清]

何がわかるのか

慢性関節リウマチ(RA)のとき、血清中に出現するリウマチ因子(RF)を測定するものです。

種々の測定法があります。

RAテストの陽性率は、次のとおりです。

慢性関節リウマチ 80%
リウマチ熱 17%
エリテマトーデス(SLE) 29%
肝硬変 54%
慢性肝炎 37%
肝がん 28%
結核 10%
変形性関節炎 10%

慢性関節リウマチで、ほとんどが陽性反応を示しますが、肝疾患などでも陽性率は高くみられますので、判定に注意が必要です。

おおよその目安 ― 検査値の判定と対策

結果判定対策
( −)※陰性正常者
(±)判定保留症状の有無をみて再検します。
(+)

(+++)
陽性リウマチに関する詳しい検査の他、肝機能検査などをします。

測定のときの注意

正常者でも2〜3%が陽性となることがあり、年齢とともに陽性となる率が増えます。

どうすればよいのか

陽性者は、症状などでリウマチに関する他の検査を受け、本当に慢性関節リウマチかどうかを調べてもらってください。

このページのトップへ