健康診断の手引

検査の意味と検査値の読みかた、活用のしかた

呼吸器の検査

喀痰検査

何がわかるのか

喀痰(スプータ)の検査の目的は、細菌検査、とくに結核菌検出など多くありますが、通常健診やドックでは、細胞診により肺がんを検査します。

肺がんは、気管上皮から発生し、一部細胞が剥がれて痰の中に出てきます。 それを染めて顕微鏡で調べます。

通常、2〜3日にわって毎朝、痰を採取して調べます。これは1回でつかまえられる確率が、3分の1から2分の1であるためです。

がんの発見率は、肺の中心部の肺門のがんで80%、末梢の肺部のがんで50%です。とくにX線写真で発見されず、喀痰で発見されるがんは全体の30%ほどあります。

タバコを多くすう人や血痰のあった50歳以上の人の喀痰によるがんの発見率は500〜1000人に1人、かなり多いものです。

おおよその目安 ― 検査結果の判定と対策

日本の肺がん取扱い規約では、検体不良、陰性、疑陽性、陽性の4つで結果を報告することになっています。また、集団健診ではABCDE分類が行われ、一方、古くからがんに関してパパニコロウ分類が用いられるなど、混乱しています。それをまとめると次のようになります。

肺がん取扱い規約ABCDE分類パパニコロウ分類対策
検体不良A:再検査検体不良痰の採取方法を習って再度検査。
陰 性B:次回の定期健診
C:6か月以内に再検
Ⅰ,Ⅱ肺がんを積極的には疑えないので、定期的に調べてください。
疑陽性D:要精密検査肺がんの専門医で精査を受けてください。
陽 性E:がん細胞ありⅣ,Ⅴ

検査のときの注意

早朝に痰は出やすく、奥から強く出してとってください。つばなどでは検体不良となり、再検を受けることになります。

新鮮痰直接塗抹法では、なるべく早く提出することが求められます。蓄痰法では3日分をとったあとで出せば問題ありません。

どうすればよいのか

痰で発見されるがんは早期がんが多く、疑陽性(上記DまたはⅢ)以上であれば、なるべく早く肺がんの専門医にみてもらってください。確定診断には気管支鏡などが必要ですので、専門医を訪れてください。

40歳以上の喫煙者は、計画的に年に2〜3回検査をしてください。

このページのトップへ