健康診断の手引

検査の意味と検査値の読みかた、活用のしかた

腹部の検査

超音波検査(エコー検査)[腹部]略号:Echo,US

何がわかるのか

体に超音波をあて、内臓の表面や密度の異なるところからの反射を記録して、外から内部の状態を目で見えるようにした検査法です。放射線と異なって体に悪影響はなく、簡単に行えるので、健診やドックで採用するところが多くなってきました。

腹部の超音波検査は、胆のう、肝臓、腎臓、膵臓などを検査し、胆石、胆のうポリープ、がん、肝臓の腫瘍などを発見しようとするものです。1cmの肝がんや2mmの胆石も発見できます。

おおよその目安 ― 検査結果の判定と対策

その他

その他の臓器の検査も可能です。

膵臓膵臓がん、膵のう胞、膵管拡大など
前立腺前立腺肥大、前立腺がん
脾臓脾臓肥大、脾臓偏位など
卵巣卵巣腫瘍など
子宮子宮筋腫、子宮がんなど

検査のときの注意

痛みなどまったくない検査です。

腸にガスがたまっていると、よく写りません。
十分に排便し、ガスを出してから検査を受けましょう。

このページのトップへ