健康診断の手引

検査の意味と検査値の読みかた、活用のしかた

腫瘍(がん)マーカーの検査

ペプシノゲン法略号:PG

何がわかるのか

胃がんの検査には、胃の造影レントゲン透視法とファイバースコープによる内視鏡が用いられてきましたが、前者は放射線被曝の問題、後者は検査時の苦痛のため受診率が低下しています。そこで、血液検査で簡便に行われる胃がんのスクリーニング(ふるい分け)法として、ペプシノゲン法が用いられるようになりました。

ペプシノゲンは、胃から分泌される蛋白分解酵素ですが、胃がんの原因となるピロリ菌の持続感染や胃粘膜の萎縮によって分泌が低下し、血液中の値も低下します。ペプシノゲンにはIとIIの2つの型がありますが、とくにⅠの低下が著しくなります。そこで、血液中のペプシノゲンⅠの値とⅠとⅡの比(Ⅰ/Ⅱ)を測定して、胃粘膜の萎縮の程度から胃がんのリスクをみる方法です。

おおよその目安 ― 検査値の判定と対策

ペプシノゲン判定対策
Ⅰの値Ⅰ/Ⅱ
70.0ng/mL以下3.0以下胃がんのリスク大内視鏡検査などの精査を受けましょう。その後1年に1回 は精査を受けましょう。

ペプシノゲンⅠとⅠ/Ⅱ比、両者の値が低いほど、胃がんの発生率は高くなります。

リスクが大きい人で実際に胃がんのあった人は、1.5%くらいです。また、疑陽性率は30%、疑陰性率は20%くらいです。発見率は間接胃レントゲン法とほぼ同じくらいです。

このページのトップへ