健診メニュー

一般健康診断

全ての働く人が対象の健康診断です。

法定健診は、一般健康診断と特殊健康診断に大きく分けられます。一般健康診断として、雇入時健診(安衛則第43条)、定期健診(安衛則第44条)、特定業務従事者健診(安衛則第45条)、海外派遣労働者健診(安衛則第45条2)、深夜業従事者健診(安衛法第66条2)などの実施が法律等で事業主に義務づけられています。

定期健康診断(安衛則第44条)

従業員に、企業が毎年定期的に実施することになっています。

健康診断健診内容
定期健康診断(労働安全衛生規則第44条)既往歴・業務歴の調査
自覚症状・他覚症状の有無の検査(医師診察)
身長,体重,BMI,腹囲測定
視力・聴力(左右1000ヘルツ, 4000ヘルツ)
胸部エックス線検査
血圧測定
尿検査(蛋白
心電図検査(12誘導)
血液検査貧血検査(赤血球数血色素量
肝機能検査[AST(GOT), ALT(GPT), γ-GTP
脂質検査(中性脂肪, HDLコレステロール, LDLコレステロール
血糖検査(空腹時血糖又はヘモグロビンA1c

雇入時の健康診断(安衛則第43条)

企業が従業員を雇用した際に実施することになっています。健診内容は定期健康診断と同様です。

特定業務従事者の健康診断(安衛則第45条)

下表の特定業務に常時従事する従業員に対し、当該業務への配置替えの際や6ヶ月以内ごとに1回、定期的に、定期健康診断と同じ項目を実施することになっています。ただし、胸部エックス線検査については、1年以内ごとに1回、定期的に行えば足りるものとされています。

  • 多量の高熱物体を取り扱う業務及び著しく暑熱な場所における業務
  • 多量の低温物体を取り扱う業務及び著しく寒冷な場所における業務
  • ラジウム放射線、エックス線その他の有害放射線にさらされる業務
  • 土石、獣毛等のじんあい又は粉末を著しく飛散する場所における業務
  • 異常気圧下における業務
  • さく岩機、鋲(びょう)打機等の使用によって、身体に著しい振動を与える業務
  • 重量物の取扱い等重激な業務
  • ボイラー製造等強烈な騒音を発する場所における業務
  • 坑内における業務
  • 深夜業を含む業務
  • 水銀、砒(ひ)素、黄りん、弗(ふっ)化水素酸、塩酸、硝酸、硫酸、青酸、か性アルカリ、石炭酸、その他これらに準ずる有害物を取り扱う業務
  • 鉛、水銀、クロム、砒(ひ)素、黄りん、弗(ふっ)化水素、塩素、塩酸、硝酸、亜硫酸、硫酸、一酸化炭素、二硫化炭素、青酸、ベンゼン、アニリンその他これらに準ずる有害物のガス、蒸気又は粉じんを発散する場所における業務
  • 病原体によって汚染のおそれが著しい業務
  • その他厚生労働大臣が定める業務

労災保険二次健康診断(労働者災害補償保険法第26条)

労災保険法による過労死の予防給付として、定期健康診断に基づく二次精密検査と保健指導を実施することになっています。

仕事によるストレスや過重労働により、脳心血管疾患などを発症し、障害や死亡に至ったとして労災認定を受ける件数が増えています。

直近の定期健康診断で肥満度・血圧・血清脂質・血糖の4項目とも異常を呈した人が、国の全額補助で受けられる精密検査です。

※ 詳しくは、各都道府県の労働局のサイトをご覧になるか、当財団にお尋ねください。

海外派遣労働者の健康診断(安衛則第45条2)

従業員を6ヶ月以上海外に派遣する際の派遣前・帰国時に実施することになっています。

この他に、深夜業従事者の自発的健康診断(安衛法第66条2)や給食従業員の健康診断(安衛則第47条)があります。

※:尚、上記の資料は参考資料として載せたものです。健康診断を行う際は、もう一度法律等の条文をご確認下さい。

このページのトップへ