財団の概要

理念・基本方針

日本健康増進財団の理念・基本方針(私たちからのメッセージ)

理念・基本方針・シンボルマーク

理念

私たちは、国民の健康維持・増進を図り、公衆衛生の向上と活力ある社会の実現に寄与します。

私たちは、たゆまぬ意識改革を行い、受診者の立場に立ち、懇切丁寧な質の高い健康診断を実施します。

私たちは、法令・規律を守り、職員相互の理解と尊重に努め、健全経営のもと秩序ある職場文化をつくります。

私たちは、国民の健康維持増進のために、あらゆる機会を通じて普及・啓蒙を行い、また職員の教育研修推進に努めます。

基本方針

1)健診サービスの品質向上を図るため、次に掲げる施策を講じ、外部精度管理事業などに積極的に参加し、健診機関としての機能評価等の認証を継続的に取得していきます。
① 健診業務の精度管理向上に一層の取り組みを行います。
② 個人情報の保護対策、リスクマネジメントの実施により、情報のセキュリティと受診者のプライバシー保護の徹底を図ります。
2)事業運営にあたっては、法令及び全衛連業務実践綱領を遵守し、適正な報酬を得ますが、営利を目的とはしません。
3)職員の福祉の充実を図るとともに、個人の能力を最大限に発揮できるよう、時代に即応した人材育成に努めます。
4)廃棄物処理を適正に行い、環境保全に努めます。

シンボルマークについて

JHPFは、日本健康増進財団の略。Japan Health Promotion Foundation
Japanを「日の丸」でイメージし、人の顔とし、Healthの「H」で上肢及び下肢を表した。
躍動する健康的な身体で、健康の歓びを表現した。
赤色は動脈、青色は静脈を表す。
緑色は、労働衛生のシンボルカラーであり、また緑豊かな日本の国土を表現し全国を
巡回健診する当法人を意識させた。

このページのトップへ